FC2ブログ

第四回 鍋島の柳生者

あらすじ
◯孫六父娘の証言で柳生十兵衛と霞の多三郎の決闘の様子が明らかになり、吟味役人樫原の調製した次第書が奉行に提出され、家老久能市右衛門尉の手許に届けられた。数日を経て、久能より奉行所に下った下知では、孫六父娘は乱心のうえ非理の申し立てをしたので断罪、樫原は役目怠慢の廉で国外追放、他の係役人は閉門ということであった。実はこの下知は藩主鍋島勝茂の長子で、肥前小城七万四千石の藩主である鍋島元茂からの密書に暗示されていた内容により決定されていたのである。

登場人物
◯孫六
百姓。柳生十兵衛と霞の多三郎の決闘を目撃し、その様子を役人に申し述べた。殺された愛犬五郎の双眼に凝視められて、腰を抜かした。口封じのため鍋島元茂の指示により処刑される。
◯樫原
吟味役人の長。孫六父娘の証言の次第を奉行に提出したが、家老久能市右衛門尉の命により国外追放の処分が下る。その理不尽な命に服さず、理由を糺したので、詰腹を切らされた。
「こりゃ百姓。」
◯柳生十兵衛
柞の梢から備州長船住兼光在銘の短刀を多三郎に向けて投げつけた後、枝から枝へ飛び移った。
◯霞の多三郎
十兵衛を追い、柞の枝を次々と薙ぎ落した。
◯ミネ
十八歳。日頃から気丈な娘と近在でも評判の女。道の向こうから父と同じ光景を見ていた。梢から投げられた短刀が道路に落ちていたのを拾っておいた。後日、断罪の憂き目を見る。
◯久能市右衛門尉
鍋島三十五万七千石の家老。鍋島元茂からの書状を受け、理不尽な裁定を下した。樫原の新妻は、市右衛門尉の家来三原権之丞の娘で、媒酌人は市右衛門尉自身がした。関ヶ原役の時、勝茂が徳川勢に弓を引かんとした折に、黒田長政の陣中に赴き、声涙とともに尽忠の志を披瀝して家康への取りなしを願った。
「ままよ、次第によっては、この皺腹一つ掻切れば済む事じゃ。」
◯黒覆面の武士
深更に久能市右衛門尉の寝所を秘かに訪れて、鍋島元茂からの書状を手渡した。その鷹揚な物言いからして鍋島藩の家中の者とは考えられないらしい。おそらくは柳生十兵衛三厳か。
◯鍋島元茂
登場はしていない。家老の久能宛に書状を書き、今回の事件の裁定内容を暗示した。鍋島勝茂の長子だが、二男忠直の母岡部氏が、徳川家康の養女として勝茂に入輿したため、佐賀藩三十五万七千石の後を継がず小城一国の小藩に斂まった。資性聡明で兵法は柳生但馬守宗矩の宗伝を継いだ達人である。柳生流の実体が何であるかを知っている。

挿話
◯鍋島勝茂の父直茂の出生と活躍、龍造寺家の興亡の話。

贅言
◯十兵衛は編笠を放り投げたはずだが、その編笠は墜ちて来たり、柞の梢に引懸ったり、枝から枝へ移り飛んだりと忙しい。
◯忍者二人の対決は、「がやさ…がやさ…」という呻きとも、叫びともつかぬ声が聞こえた後、河に何かが墜ちる大きな水音がして了った。何方が声を発したのか、何が河に墜ちたのかは分からない。
◯投げられた短刀には『おだまき』の紋が打ってあるとの記載があるが、その意味するところは分からない。
◯街道で斬られていた武士の首を掻いた人物は不明だが、或いは鍋島元茂の手の者か。
スポンサーサイト



第三回 夕姫

あらすじ
◯話は唐津城の評定から十二年さかのぼる。
時に寛永十二年四月、肥前国佐賀郡西山田ノ庄――。
街道筋の農家のまばらな辺りで、旅装の武士が斬られて死んでいた。少しはなれた所には血のついた巻物が落ちている。この巻物を巡って、龍造寺家の遺児夕姫と霞の忍者多三郎が対峙した。多三郎は、この武士を斬ったのは柳生十兵衛だという。夕姫は多三郎の手強いのを感じ取りこの場を去った。
巻物を手にした多三郎は闇の彼方から近づいてくる気配を感じていた。
「……十兵衛か?」

草庵に戻った夕姫を老武士と老女が迎え、共に夕餉をとった。霞多三郎との邂逅を話した後、夕姫は表に出て歌をうたう。はるかな山から山へ、すき透った少女の歌声はひびいた。そこへ長く物見に出ていた忍者の賀源太が帰ってきた。

翌朝、斬殺された武士を吟味した地役人に、近在の百姓孫六が目撃情報を申し述べた。それによると、柳生十兵衛三巌と霞の忍者多三郎がこの地で対決したというのである。


登場人物
◯夕姫
龍造寺家の遺児で十八歳。忍術を遣う。龍造寺家の再興に生涯をかけると誓っている。
『仄々と闇に浮上がった白い面は凄艶な迄に美しい。』

◯霞多三郎
千四郎の双子の兄。山男かと見紛う人物で、襤褸を纏い、毛深い脛をむき出していて、跣である。夕姫との出会いのあと、柳生十兵衛と忍術を競う。
「いつかは柳生と術を競う日が参ろうとは思っていたが……。十兵衛三巌とあらば、相手に不足はない。わしは、霞の忍者多三郎ーー」

◯鹿路
夕姫に仕える老女。夕餉の支度をする。夕姫に多三郎とゆっくり語らってはどうかと勧める。

◯三兵衛
夕姫に仕える老武士。心配性である。

◯賀源太
夕姫主従を援ける忍者。登場するなり夕姫の肩を背後より抱きしめた。

◯孫六
武士の斬殺現場の近くに住む百姓。多三郎と十兵衛との対決を目撃する。

◯柳生十兵衛
巻物を巡って多三郎と忍術勝負を行う。
「いかにも霞の忍者とあらば、太刀は無用であろう。ーーこの十兵衛、たしかに柳生の術を心得る。」

*五郎
孫六に飼われている犬。落ちていた巻物を咥えようとしたところ、夕姫の投げた手裏剣に眼を刺し貫ぬかれて、絶命した。


贅言
◯今回が柳生武芸帳の本格的な始まりといえる。いきなり柳生十兵衛と多三郎の対決があるが、この二人はこのあと何度か対決する宿敵同士となる。ちなみに忍術で対決するのは今回のみで、以後は武芸者として尋常に太刀で立ち会っている。
◯夕姫は「柳生武芸帳」前半のヒロイン的存在だが、いきなり中年忍者と浅からぬ関係を匂わされている。夕姫は龍造寺家の再興について、自分と三兵衛と鹿路との三人で苦労を分かちあい、賀源太の援けは藉らずともよいと云うが、それは賀源太を愛するが故か、賀源太が信用に足らないと思っての上かは分からない。
◯路上に斬られていた武士だが、夕姫と多三郎との邂逅の折にはあった頭が、翌日の検死の折にはなくなっていたという謎が提示されている。
◯もう一つの謎としては、もし多三郎の言う通り柳生十兵衛が武士を斬ったのなら、なぜその時に武芸帳を捨ておいて、後でわざわざ取りに戻ってきたのかということである。

第二回 霞の忍者

あらすじ
◯大広間に闖入した曲者は柿色の忍者装束に身をかためていた。表廊下の片隅に潜み隠れていた曲者を発見したのは、浮月斎の伴れてきた従者、霞千四郎である。曲者は寺沢家の家士を三人倒した後、浮月斎に討たれた。
「浮月斎、あれが柳生の者か。」
堅高の垂問に、黙って浮月斎はうなずいた。
ところで千四郎の姿はいつの間にか城内から消えていた。


登場人物
◯曲者
忍者装束に身をかためた、存外若い武士。寺沢藩の動静を探っていたのか、浮月斎の手にある武芸帳を奪いにきたのかは不明。

◯霞千四郎
肥前国見借(カスミ)の里に辿り来た波多氏の家老・川添監物の娘と名乗る娘が産んだ子供。娘は嬰児を産み落とした後に息を引き取った。その後、山田浮月斎に育てられる。

◯池田三郎兵衛
曲者闖入に主君堅高の前を庇った。

◯三島権太夫
歩行頭。曲者に挑み掛ったが、袈裟に一刀を浴び、あっという間に倒された。

◯山田浮月斎
鉄扇を投げて、曲者の眉間を割った。

◯寺沢堅高
曲者の出現に顔が蒼白となる。


贅言
◯忍者装束が巷間知られている黒ではなく、表柿色、裏鼠色だと説明されている…。
◯実はこの回は、後篇の「柳生石舟斎」で大いなる矛盾が発生することになる。

第一回 陰ノ流

あらすじ
◯唐津藩主寺沢堅高が自決するか否かを判じるための評定が、唐津城内本丸の大広間で開かれた。時に正保四年十一月十三日のことである。決めるのは兵法者の山田浮月斎。
浮月斎は、堅高の企みがすでに公儀に察知されており、自刃止むなしと云った。驚く堅高がその故を問うと、公儀に柳生あり、すなわち柳生の正体こそ忍びであると浮月斎は暴露し、その根拠となるべき事柄の数々を挙げた。
その評定の最中、
「く、曲者。各々方、くせ者でござるぞ」
廊下の外でパッと襖を倒す物音がした。


登場人物
◯山田浮月斎
太右衛門。六十二歳。疋田陰流の衣鉢を継ぐ兵法者。先代藩主寺沢志摩守広高の小姓で、肥前唐津を訪れた疋田文五郎に剣術を学んだ。主君広高は、浮月斎が修行ののち抜群の技量を身につけると、憚る処なく師として遇した。寛永十年四月十一日に広高が卒してからは、師範の役目を辞して作礼山に隠棲していた。
「人為のきわまる所にござる。」
「人為?」
「されば、今、人城に登り、山に上りて人を見おろすは、人怨みとがめず。大家二階三階を作りて登れば、人是を咎め悪む。人も亦智にほこり才を以て秀るものは人忌み憎む。位高く徳あるものは怨み咎めず。是自然にして作り事にあらず高きを忘るるが故でござろうか。ーー徳川内府の将軍は自然なれども、石田三成が秀吉公の故智にならわんと為せしは、人為。天下の大勢遂にこの理を出でざれば、殿が御企みも人為を出でず、と申上げるのじゃ。」

◯寺沢堅高
唐津八万石、寺沢志摩守広高の次男。何事かを企んでいたのが公儀に察知されたと知り、評定の六日後に自刃したらしい。

◯平野内記
唐津寺沢藩の家老。評定の口火を切る。

◯池田三郎兵衛
寺沢藩きっての勇将と謳われた池田市郎兵衛隆成の嫡男。二十七歳。浮月斎の「柳生忍び説」に驚き怪しむ。


挿話
◯池田市郎兵衛が他藩からの三千石の招きを断った話。
「拙者は禄の如何で君に仕える者ではござらぬ。一村にて衣食の温飽には事缺かず、もし武功を以て論じ給わんか。憚り乍ら御家老平野氏の八千石を頂戴致すとも、又、一万石を賜るとも充分ではござるまい。」

◯池田市郎兵衛が敗軍に退く折、味方の侍を救って脱出した話。
「潔白ナルコト雷雨二洗ワレタル瑯玕ノ戞然ト鳴ルガゴトシ。」(黒田長政)

◯島原の乱が起こった時、柳生宗矩が板倉重昌の討死を予言した話。

◯二代将軍秀忠が薨じた時、家光が諸大名を一人ずつ別室に招じ入れて、手ずから銘刀を授けた話。また、その際に柳生の手の者が秘かに家光を守っていた話。


贅言
◯記念すべき柳生武芸帳の第一話。けれどもこの正保四年の寺沢堅高の自決の話が作品にとって必要だったかどうかは疑問の残るところである。柳生武芸帳本篇に寺沢堅高はほとんど登場しないからだ。もちろん山田浮月斎の主家ではあるが、浮月斎一派が武芸帳を巡り柳生一門と暗闘を繰り広げていたことも知らなかったようだ。ちなみに柳生宗矩は前年の正保三年に死去している。執筆当初にはなにがしかの構想があったのだろう。
◯本文中に山田浮月斎が六十二歳との記述があるが、これも疑問の残るところ。
◯登場人物ではない池田一郎兵衛の挿話が二つあるのが五味さんらしい。
◯今回は、柳生流の正体が忍術であったということが主題であろう。
◯ちなみに浮月斎の師の栖雲斎疋田文五郎は、五味さんの処女作の『喪神』に登場している。

柳生石舟斎読了

五味康祐さんの「柳生石舟斎」を読み了えた。未完だと聞いていたが、柳生武芸帳を巡る物語は一応の大団円を迎えている。ただ、五味さんが山田宗睦氏との対談「映像でとらえた剣客たち」で、
「あれも中絶ですな。これはしんどかったわ。時期的にね。またぎとか、さっきの話の夙なんかのことを、書いてみたかったんですけど、あれはやっぱり解放同盟から苦情が来まして、それでやめたんです。」とある。
また「柳生石舟斎拾遺」では、
「獦者を登場させ彼等と皇室との結びつきを描こうと意図したのだが、小説の上で、これは失敗した。陽勝上人を戴く獦者のこうした登場の意図が失敗に了っては、小説『柳生石舟斎』の結構はもうメチャメチャである。いたずらに登場人物のみ多く、四分五裂の醜態をさらすに至った。筆力の未熟を愧るとともに識者の思考を乱したことをことを深くお詫びする。獦者の扱いに失敗したに就ては、それなりに理由はあったのだが、作品の上で、これは理由になるまい。解放同盟の仕事に携わる人人にまで、迷惑を相掛けたことを重ねて詫びるばかりである。
いずれ、作者の良心としても、筋の発展や登場人物に乱れのあるところは、推敲をかさね、『柳生武芸帳』全篇として上梓するつもりだが、怠け者のわたくしのことだから、いつになるか分からない。」とあり、作者がいずれ「柳生武芸帳」と「柳生石舟斎」を併せて完全体のの「武芸帳」を書こう意志のあったのが分かる。それがあったので、未完とされていたのかも知れない。
「柳生武芸帳」全篇がついに書かれなかったのは残念だが、「武芸帳」「石舟斎」の二篇が遺されただけでも良しとしなければならないだろう。
これから全体の流れを俯瞰しつつ、「武芸帳」「石舟斎」二篇を見直していこうと考えている。

続きを読む

頓智堂主人のこと
大阪府在住。音楽と文学とを愛する1974年生まれの男です。柴田宵曲さんと森銑三さんに私淑しています。

頓智堂主人

Author:頓智堂主人
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
12 | 2021/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
頓智カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR